フィレンツェ=京都??

お世話になっております。

 

アルソーレ水貝(スガイ)です。

 

久しぶりにお直しの紹介を。

 

今回は‥

 

img_0576

 

G.セミナーラのお直し。フランコミヌッチと書いてありますから、タイユアタイ別注でしょうか。

 

こちらはかなりめんど‥‥すみません‥大変なお直しでした。笑

 

お直し前

 

img_0470

肩が大きい、着丈が長い、身幅が大きいのでこういった感じで補正します。

 

img_0581

お直し後

 

img_0572

 

肩から着丈詰めてありますので上襟を作り直し、ゴージの位置も高くなります。

 

全体的にかなりコンパクトになりました。

 

そういえば以前お客様にお持ち頂いたリベラーノのジャケットと見比べてみるととっても似てまし

た。

 

img_0590

 

フロントダーツなしで、この襟まわりの雰囲気。ゴージの位置が低いし、胸ポケット位置も低い。

 

なにより

 

img_0587

 

ポケットが大きい!!!!!!!!!!!!!!

 

通常なら幅2.5cm長さ10cmくらいのものですが、こちらは幅3.5cm長さ12cmもあります。

(ちなみにリベラーノもおっきいです)

 

ナポリのサルトリアなら胸ポケット位置も高いし、ゴージの位置も高い。全体的に目線が上にくる

設計がされてます。男性の身体をよりグラマラスに、逆三角形に魅せる作りです。

 

それに比べフィレンツェ(セミナーラ、リベラーノ)は上記の細かなデティールのおかげで全体的に

リラックスしたヌケ感のある雰囲気になり、気取りすぎない品のあるエレガンスという感じ。

 

日本でいうなら東京=ミラノ、ナポリ=大阪(コテコテな感じ?笑)

 

フィレンツェ=京都(上品な雰囲気)って感じです。

 

はい無理矢理タイトルに落としました。笑

 

まぁそれぞれの良さがあるということで、、

 

お持ちのもので体型が変わって着れなくなったいうスーツ、ジャケット。

 

是非ご相談下さいませ。