ミラノ流スーツの着こなし術。ポイントは白タートル!

年の瀬の慌ただしい時に、ブログのアップをしている大西です。
お店の大掃除は、これから徹夜でやるしかないかな…
一番にやらなきゃ行けない事を忘れて、後回しにしても良い事に手をつけてしまうという持病が発病してます…
%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9apc%e7%94%a8
今年最後は、この一団。
2016 Milano Men’s Fashion Weekの時のモンテナポレオーネ通りでの激写。
ラルディーニの若頭5衆(わかんないか?)
今回は、右から2番目の白のタートルの御仁の着こなしを解説。
白タートルはちょっと気恥ずかしい…と言う方が、いらっしゃいますが、白シャツの感覚で着ると抵抗無くきれます!!!というのが私の持論。
この方の様に、スーツ+白タートルでまとめると、いつものスーツが品良く見えます。これでレストランやお正月のお宮参りとかに行くとからりパートナーの見る目が変わるはず。
スーツの着こなしの幅が、タートル一つで広がるのでオススメです!!
スーツの色がグレー系なら白タートル、ネイビー系スーツなら黒か紺のタートルがマッチします。
%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%95%e3%82%a9%e7%94%a8
ちなみに、この写真の左にいるのはニック ウースターさんでした。
白スニーカーに黒ソックス、黒ベースに白ドットのストール。
このスタイリングは普通ポイけど斬新!!!!
本年はココまで。
本年中は大変お世話になりました。
来年も引き続き宜しくお願い致します。

フィレンツェ=京都??

お世話になっております。

 

アルソーレ水貝(スガイ)です。

 

久しぶりにお直しの紹介を。

 

今回は‥

 

img_0576

 

G.セミナーラのお直し。フランコミヌッチと書いてありますから、タイユアタイ別注でしょうか。

 

こちらはかなりめんど‥‥すみません‥大変なお直しでした。笑

 

お直し前

 

img_0470

肩が大きい、着丈が長い、身幅が大きいのでこういった感じで補正します。

 

img_0581

お直し後

 

img_0572

 

肩から着丈詰めてありますので上襟を作り直し、ゴージの位置も高くなります。

 

全体的にかなりコンパクトになりました。

 

そういえば以前お客様にお持ち頂いたリベラーノのジャケットと見比べてみるととっても似てまし

た。

 

img_0590

 

フロントダーツなしで、この襟まわりの雰囲気。ゴージの位置が低いし、胸ポケット位置も低い。

 

なにより

 

img_0587

 

ポケットが大きい!!!!!!!!!!!!!!

 

通常なら幅2.5cm長さ10cmくらいのものですが、こちらは幅3.5cm長さ12cmもあります。

(ちなみにリベラーノもおっきいです)

 

ナポリのサルトリアなら胸ポケット位置も高いし、ゴージの位置も高い。全体的に目線が上にくる

設計がされてます。男性の身体をよりグラマラスに、逆三角形に魅せる作りです。

 

それに比べフィレンツェ(セミナーラ、リベラーノ)は上記の細かなデティールのおかげで全体的に

リラックスしたヌケ感のある雰囲気になり、気取りすぎない品のあるエレガンスという感じ。

 

日本でいうなら東京=ミラノ、ナポリ=大阪(コテコテな感じ?笑)

 

フィレンツェ=京都(上品な雰囲気)って感じです。

 

はい無理矢理タイトルに落としました。笑

 

まぁそれぞれの良さがあるということで、、

 

お持ちのもので体型が変わって着れなくなったいうスーツ、ジャケット。

 

是非ご相談下さいませ。

 

 

イタリアのファッション番長スクワルツィ氏の秋スタイル

秋雨も良いもんですね。ショパンかノラジョーンズあたりがBGMでしょうか。

こんな日は届いたばかりのW.Billのデッドストックの生地を眺めながら、来年のPitti uomoに着ていくコートをどうしようかな…と考えている今日この頃の大西です。

来年の事を妄想する前に現実に立ち戻ると、来週はまた暑さが盛り返すとか!?

こんな時に何を着るかお悩みの方は多いはず。

冬物のジャケットやセーター着るには東京はまだ暑すぎ…

実はこの時期はアルソーレがいつもリコメンドしているジレが最適!!!!

(注1)ベスト、チョッキ、ウェストコートと名前の変わってきた出世魚?出世服。

img_3482

まずは、イタリアのメンズ業界のファッショアイコンとなっているアレッサンドロ・スクワルツィさん。

(注)イタリアではアレ、日本ではスクさんの愛称で呼ばれてます。

彼は、エージェント業(日本的には洋服の代理店兼ショールーム運営と言えば良いかな?)を中心に自らのブランド「フォルテラ」「AS 65」などをディレクションしています。

今回は、スクワルツィさんのジレの着こなしを解説。

今回着ているのは先シーズンのフォルテラのジレ。

ご自身の物ではなく、ショールームにあったサンプルだったのでちょっとウェストまわりが大きめですが、コーディネイトは非の打ち所が無い!!!!

img_3483

ジレの生地は、ヴィンテージのハリスツイード。背中はキュプラ地ではなくコットン地にしている所がポイント。

ちょっとアメリカのRRL的なエッセンスがプラスされ、コナレ感が出てました。

それとバンドカラーシャツ+デニスラでインタックの2タック+スエードタッセルとトレンドに定番を上手くミックスしてます。

 

ココにスクワルツィさんならではの、裏技(ラグジュアリー感)つかわれています。

何処だかわかりますか?

img_3484

パテックのヴィンテージとネイティブアメリカンのジュエリーです。

さり気なくアメリカ的なものを取り入れるこの技は、他のイタリア人のファッショニスタにはあまり見られない彼独特のもの。

ちなみに、このサングラスはL.A.のブランドだとか。

img_3491

ブランド名は聞き忘れました…

ペルソールをリスペクトしながらモダンなデザインに仕上がっています。

ありそうでないデザインです。

 

また、長くなりました…

今日はこの辺で終わりに。

オリジナル ジレは米国×欧州ミリタリーのカジュアル仕様

皆様お世話になっております。

 

アルソーレ水貝(スガイ)です。

 

弊店で押しに押しているベスト。

 

世間はめっきりミリタリームード。

 

そこで4パッチパケットのベストを作ってみました。

 

img_0365

全体的にカジュアルな印象のベストですが、パッチポケットの影響だけでなく

 

img_0382

随所にミシンステッチが入っております。ハンドステッチもいい味が出で良いのですが、

 

img_0390

ミシンステッチの無骨な雰囲気はジーンズにも合いますし休日には良いですね。

 

img_0384

 

襟裏も共地ですとさらにドレスダウンですね。

 

 

オーダーベスト価格 32,000円〜(生地代別) 納期 1ヶ月〜1ヶ月半

 

 

秋冬バンチも入りましたので是非お立寄ください。

 

img_2931

 

イタリア流にベルトレスパンツを履きこなすテク!

猛暑が続いている東京。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

アルソーレの大西です。

こんな暑い日々ですが、スタイリストの仕事の方ではモデルにカシミアタートルにダッフルコートを着せるといった秋冬スタイリングの撮影が真っ盛り!!

そんな中、この暑い季節に秋冬のトレンドを先取り(予習)してみたいという方に、ぴったりのアイティムを取り上げてみました。

ベルトレスパンツ!!!!

秋冬のサルトリアテーストのスーツには、ベルトレスのタックパンツというのが今年のトレンド。

スーツに合わせるのは簡単ですが、夏のカジュアルスタイリングに取り入れるには、かなり難度が高いアイティム。

6月のピッティやミラノコレクションでもスーツでベルトレスパンツは良く見かけましたが、カジュアルスタイルでベルトレスパンツの方はとても少なかった様に思います。

まずは、6月のミラノコレクションでのスナップから。

IMG_1976

この御仁は、イタリアの有名なファッションブローガーとの事。

クラシックな麻の開襟シャツをベルトレスパンツにインしてますね!!

タック入りパンツですが、浅いタックでシルエットはシャープ。裾幅と丈のバランスが絶妙です。

(私も昔のロータのベルトレスパンツを、この感じにお直ししてみました)

夏にはベルト無しの方が軽快(女性誌的な表現だとヌケ感!!)なコーディネイトに仕上がります。

ただし、困るのがお腹がポッコリしているとこの様に決まらないのです。

苦肉の策でシャツのスソ出しをすると、ベルトレスを見せられません…

では、お腹ポッコリの人はベルトレスが履けないのか?!

答えは、この御仁のスタイリング。

 

IMG_0377

そうです、ショート丈のジレを着れば身体のラインを隠せるのです。

ポイントはジレの丈感。ベルト部分が見え隠れするこのくらいがジャストですね。

(この方のパンツはベルトループついていますが、スタイリングとしてはベルトレス)

ウォッチポケットもリバイバル中!!

余談ですが、ビームスの中村さんのブローグに載っていたアイデアですが、ベルトループを外してしまえば簡単にトレンディーなパンツに変身可能。

最後に、ピッティで一番ベルトレスパンツを粋に着こなしていた大先輩の写真を。

色の組み合わせ、サイズ感共にマエストロならでは!!!!

IMG_1451

皆様、お好みのベルトレスパンツのスタイリングはありましたか?

また、文章が長くなりましたね…今回はここまでに。

夏風邪&熱中症にお気をつけ下さい。